PCSS講座

高校とは異なる<大学で必要な学びのスキル>を身につける講座!

1.大学生活で必要な力は身に付いていますか?

大学では、レポート作成やプレゼンテーションの機会が増え、様々な力が求められます。

そのため、高校とは異なる様々な力が必要になります。

まずは、こちらのチェックシートで必要な力が身についているかをご確認ください。

2.PCSS講座で育む5つの力

PCSS講座では「大学で必要なレポート作成・プレゼンテーションに必要な力を身につける」ことを目的として、5つの力を育みます。

  1. 情報を収集・整理し、考え、まとめる力
  2. 集団の場面で各自の考えを出し合い、集団の考えとしてまとめる力
  3. 考えをまとめたレポート・プレゼンテーション資料を作成する力
  4. レポート・プレゼンテーション資料で考えを相手に伝える力
  5. レポート作成、プレゼンテーションに必要なパソコンを使う力
大学で必要な力は、WordやPowerPointといったパソコンスキルだけではありません。 レポート作成の基本的な知識やルール。プレゼンにおいては、見やすいスライドを作成する力や、伝える力(テクニック)も必要になります。 PCSS講座ではそれらの必要な力を身につけることが出来るようなカリキュラムとなっています。

3.PCSS講座の3つの特徴

グループワーク主体の講座

PCSS講座は6名~8名のグループに分かれて行ないます。

講座で学んだことを使って、実際にグループでレポート作成やプレゼンテーションを行う《実践型》の講座で、大学生活で必要な力が身につきます。

各グループを先輩がサポート

各グループではGA(グループアドバイザー)と呼ばれる先輩が専属サポートに付くので、PCが苦手な人でも安心して受講できます。(GAは学内インターンシップ研修を修了済)講座以外に、大学生活を送る上でのアドバイスや相談でも受講生をサポートしています。

講座の成果をご報告

受講生と担当アドバイザーは「受講生カルテ」を用いて、講座の成果を記録します。

受講生は講座で学んだことや感想を記入し、担当アドバイザーはスキルの習得度チェック感想や質問にコメントして相互にやりとりします。

この受講生カルテは、前期終了時と後期終了時の2回受講生のご実家へ郵送し、保護者様へ講座の成果をお知らせしています。

4.受講生の声

私は中学・高校ではパソコンを触る機会がなく、「PCを活用できるか?」とても不安でした。しかしPCSS講座では、パソコンの使い方や便利な機能を一から分かりやすく教えてくれるので、不安が解消され、グループワークにも積極的に参加できるようになりました。PCスキルを身につけたい人はもちろん、大学に入って新しく挑戦したい人、人間力を磨きたい人には絶対におすすめです。


大学生になったら色々なことを経験したいと思い、この講座を受講しました。

グループワークでは一人ひとりが主体となって発表したりするので、コミュニケーション力も身につき、社会で必要な様々なスキルをこの講座で得ることができたと思います。

また他の学部の友達ができるきっかけにもなりました。

PCSS講座では、<自分の力を高めていくことができる>充実した時間が過ごせました。

最後にもう一度!

大学生活で必要な力が身についているか?をチェックしましょう。

チェックシート下記からダウンロード可能。(1.と同じものです)

ダウンロード
PCスキルチェックシート
●大学生活で必要な力が身についているかチェック!
PCスキルチェックシート.pdf
PDFファイル 100.5 KB